スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vol.47 ブラックスワン(上・下)

ーーーーーーーーーー

点数★★★★★
難度★★★★

ーーーーーーーーーー

【要約・エッセンス・あらすじ】(「BOOK」データベースより)

歴史、哲学、心理学、経済学、数学の世界を自由自在に駆けめぐり、人間の頭脳と思考の限界と、その根本的な欠陥を解き明かす超話題作。
未来予測を切って捨て、経済学とファイナンス理論を根底から揺さぶり、ベル型カーブでは扱えない不確実性の核心に迫る。

ーーーーーーーーーー

【目次】(★はおすすめ)

プロローグ ★
第1章  ウンベルト・エーコの反蔵書、あるいは認められたい私たちのやり口
第2章  イェフゲニアの黒い白鳥
第3章  投機家と売春婦
第4章  千と一日、あるいはだまされないために ★
第5章  追認、ああ追認 ★
第6章  講釈の誤り ★
第7章  希望の控えの間で暮らす
第8章  ジャコモ・カサノヴァの尽きない運
第9章  お遊びの誤り、またの名をオタクの不確実性
第10章 予測のスキャンダル
第11章 鳥のフンを探して
第12章 夢の認識主義社会
第13章 画家のあペレス、あるいは予測が無理ならどうする?
第14章 月並みの国から果ての国、また月並みの国へ
第15章 ベル・カーブ、この壮大な知的サギ
第16章 まぐれの美学
第17章 ロックの狂える人、あるいは行けないところにベル型カーブ
第18章 まやかしの不確実性
第19章 半分ずつ、あるいは黒い白鳥に立ち向かうには
エピローグ

ーーーーーーーーーー

【要約・エッセンス】

人間の知識はとてももろい。何百万羽も白い白鳥を観察して確認してきた当たり前の話が、たった一つの黒い白鳥の発見によって完全に覆されてしまった。
そんなことを起こすのに必要なのは、黒い鳥がたった一羽、それだけだ。

「黒い白鳥」が持つ3つの特徴
1、異常であること
2、とても大きな衝撃があること
3、異常であるにも関わらず、私たち人間はそれが起こってから適当な説明をでっち上げて筋道を付けたり、予測が可能だったことにしてしまったりすること

黒い白鳥の論理では、「分かっている」ことより「分からないこと」の方がずっと大事。

予防のために何かをして高く評価されることはあまりない。
本に書かれることもない貢献をした人たちの犠牲のうえに、歴史の本に名を残した人たちを、私たちは崇め奉る。

歴史に接すると人間の頭に発生する三つの症状
1、分かったという幻想
2、振り返ったときの歪み
3、実際に起ったことに関する情報を過大評価する

過去のデータだけに基づいていくつか結論を引き出すが、過去からは全く予測のつかない大きな変化が起こる。

私たちは〇〇には「いいところがあるという証拠がない」というのを、「いいところなんてないという証拠がある」のと取り違えている。

私たちはいつも法則に飢えている。
要約すればするほど当てはめる法則は強くなり、私たちに世界が実際よりも「たまたま」でないと思い込ませる。

神を信じる人達が、船の遭難にでくわして生き延びた。
しかし、溺れた信者は死んでしまった。
そのおかげで、ちょっと見ただけだと奇跡を信じそうになる。

私たちは分かりやすくて見える結末ばかりみて、分かりにくい・見えない結末は見ない。
でも、そんな見えない結末のほうがだいたいは重要。

私たちがたまたま今日までこうやって生きながらえたからと言って、今後も同じリスクを取り続けるべきだということにはならない。

私たちは、自分の人生に起こる出来事を過大評価する。
私たちは過去の経験を振り返って学ぶことができないのだ。

予測ができないなら、予測ができないことを利用すればいい。

チャンスや、チャンスみたいに見えるものには片っ端から手を出す。
良い方の黒い白鳥に自分をさらしておかないといけない。

ーーーーーーーーーー

【レビュー】

「黒い白鳥」
予測できない「偶然」の出来事。

この世の中に「偶然」でないことなどあるのだろうか。
呆れ返るほど複雑な要素が絡み合う世界の中で、予測できることなどあるのだろうか。

もともと、キャリアプランだとか将来のあり方なんてものを具体的に決めておくことに疑問を感じていました。
そしてこの本を読んで、その考えはより強くなりました。

「予測」なんて出来ないことを思い知る。
無知の知。

原因から派生する結果はたくさんあるように見えるけど、把握できている原因なんて氷山の一角でしかない。
だからこそ、精一杯生きようじゃないか。

ーーーーーーーーーー

「ブラック・スワン―不確実性とリスクの本質」についてさらに詳しく

読書・名著ランキングTOPページはこちら
過去の名著・気になる本の読書ランキングはこちら

スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

vol.46 サイバーエージェント流 成長するしかけ

社員の終身雇用を目指し独自の制度を打ち出し続けるサイバーエージェント。

その制度を支える「想い」とは

ーーーーーーーーーー


点数★★★
難度★★★

ーーーーーーーーーー

【要約・エッセンス・あらすじ】(「BOOK」データベースより)

「21世紀を代表する会社を創る」を目指し、急成長を続けるサイバーエージェント。
同社の社内活性化の取り組みは、ベストセラー『不機嫌な職場』でも紹介されています。

しかしながら、その道のりは決して平坦ではありませんでした。ネットバブルが崩壊し、大量の人材流出が続くなか、同社は社内制度の強化に乗り出します。
離職率30%超を続けたベンチャー企業は、いかにして「働きがいのある会社」といわれるまでになったのか

。社員の「やる気」と「成果」を引き出し、自分も会社も成長させる「しかけ」を探ります。
特別対談として、著者:曽山哲人と監修者:藤田晋による「サイバーエージェントの人事戦略」を収録。

ーーーーーーーーーー

【目次】(★はおすすめ)

序章   ネットバブル崩壊
第1章  ビジョンと価値観を共有する ★
第2章  社員同士のつながりを強化 ★
第3章  メンバーの自己充足感を高める ★ 
第4章  経営と現場をシンクロさせる
第5章  人も会社も競争の原理で伸ばす ★
第6章  人材を発掘して育てる制度
第7章  社員に報いる「安心」の福利厚生
第8章  将来を担うマネージャーの育成
第9章  優秀な人材を採用する仕組み
第10章 人事が考えていること

ーーーーーーーーーー

【要約・エッセンス】

社員の定着を妨げた3つの問題
1. ビジョンや価値観の浸透が弱かった
2. 社員同士のつながりが希薄だった
3. 個人への認知や自己肯定感が不足していること

細かいゴールは決めずに、一番面白そうな「21世紀を代表する会社を創る」ことを、ただひとつのゴールにする。
そしてそれを信じる仲間が集まってその実現に向けて精一杯頑張る。
そのような成長のサイクルを、この一つのビジョンが支えてくれています。

当社にはたくさんのグループ会社や事業部がありますが、成果を出し続ける組織に共通しているのは、「ワクワクするビジョンを提示し続ける」ことです。

「個性の尊重」と「チームの一枚岩」をともに実現することが、人事の大きな命題だといえます。

たとえば上司と部下で「共通項が仕事だけ」の場合、会話は非常に淡白で無機質なものになりがちです。
その反対に、上司と部下に「共通項がたくさんある」場合には、話しやすい空気ができます。

コンテストに何度も応募してくるメンバーの顔は、役員も自然と覚えていきます。
当社では、こうした一歩前に出て意思表示をするメンバーのことを「前のめり人材」と呼んでいますが、こうした人材をどれだけ増やすことができるかが、会社の成長を支えるカギといえます。

努力にはきちんと報いて、全社で褒める機会を増やす。
半年に一度、この「努力」と「褒め」のサイクルを回すためにも、挑戦の機会を提供し続けることが大事だと考えています。

ーーーーーーーーーー

【レビュー】

一言、「うまいなぁ」と。

金銭的なメリットを与える制度と、社員それぞれの自己肯定感の向上を促す制度のバランスがとてもいい。
最初に社員の定着を妨げた3つの問題をあげているわけですが、それぞれに対してどのようにサイバーエージェント社が対応していったのかが分かるようになっています。

サイバーエージェント社は「21世紀を代表する会社を創る」という、とても抽象的な目標を掲げており、それについての批判も多くあるらしいです。

しかし、僕は長期的な目標は抽象的であるべきだと考えます。
なぜなら、変化の激しい現代において、具体的に10年後の目標を掲げたとしてもそれは形骸化してしまうどころか足かせになってしまう可能性が高いと感じるからです。

「あるべき姿」を設定しておけば、たとえば1年後をゴールにしてそこから具体的な行動目標を落とし込んだとしても、それが近視眼的なところに落ち着いてしまうことはない。
その上で大事なのは、「いかに良い目標設定をできたのかどうか」ではなく、「それをやり切ることができたかどうか」であると感じます。

ーーーーーーーーーー

「サイバーエージェント流 成長するしかけ」についてさらに詳しく

読書・名著ランキングTOPページはこちら
過去の名著・気になる本の読書ランキングはこちら

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

vol.45 藤田晋の仕事学

不平等かつ理不尽で運に左右されることもあるビジネスの世界。その中で腐らず成長し続けるための方法を“本音”で教えます。

サイバーエージェント代表取締役社長・藤田晋氏が語る仕事術。

ーーーーーーーーーー


点数★★★★
難度★★★

ーーーーーーーーーー

【要約・エッセンス・あらすじ】(amazon内容紹介より)

『経営者として数多くの優秀な若手社員を見てきて分かったのは、伸びる人にはいくつかの共通項があるということ―(本文より抜粋)』

サイバーエージェント社長・藤田晋氏、“初のビジネス書”がついに発売!
藤田氏自身が今までの経験で得た“成長するための”仕事観や哲学のエッセンスが詰め込まれた一冊です。

上が詰まっているという閉塞感や若手で活躍している人が周りにいないという失望感、なかなか自分の殻が破れない停滞感…。
若手から中堅のビジネスパーソンが日々抱える悩みに、藤田氏が理想論ではなく“現場目線”で答えます。

ーーーーーーーーーー

【目次】(★はおすすめ)

第1章 仕事に不満がある人に
第2章 成長速度を上げたい人に
第3章 円滑な意思疎通のために
第4章 初めて上司になる人に
第5章 自ら考え実現するために
第6章 今すぐ結果を出すために
第7章 オフにも成長するために

ーーーーーーーーーー

【要約・エッセンス】

ある程度の経験を重ねてきたと思える人は、若い頃や抜擢された当時の立場と比べて、得たものと引換えに失ったものを見直さなければなりません。
いつでも、自分は何が足りないかを知っていることが、キャリアアップできるビジネスパーソンの条件ではないでしょうか。

自然体でいることが余裕や自身の裏返し。
「カリスマ性がありますね」と言われるより、「意外と普通ですね」と言われる方がよほど嬉しい。

プレゼンテーションで一番大切なのは、自分ではなく、聞き手にたくさんしゃべらせることです。
それは大人数をお相手に行うプレゼンでも、テーブルを挟んで1対1で行う商談や部署内の企画会議でも同じです。

失敗パターンを知るだけでなく、さらにそのパターンを具体的に数値化すると、手を引くかどうかの判断も早くなります。

情報共有の仕組みを作れる社員は非常に優秀。
成果に対する明確な因果関係が立証できなくても、組織の上層部には間違いなく評価されます。

人を説得できる人というのは、自分の会話力を磨くことより、説得力のある環境を整えることに注力しています。

ーーーーーーーーーー

【レビュー・感想】

サイバーエージェント関連書籍をまとめて読んでみてるんですが、
第二弾である本書は、代表取締役社長である藤田晋氏による仕事術集。

できるビジネスマンになるための方法が社長の立場から述べられています。

よくある理想論ばかりを並べた本ではなく、実際に実務をこなしてきたからこそ言える言葉の数々。
ただ眺めるのではなく、実際に行動に移さねばと感じられる部分も多々ありました。

しかし、いわゆる企業人に向けて書かれた本であり、起業している・志している人へのメッセージはそれほど多くありません。
そこについてももう少し触れて欲しかった。

ーーーーーーーーーー

「藤田晋の仕事学 自己成長を促す77の新セオリー」についてさらに詳しく

読書・名著ランキングTOPページはこちら
過去の名著・気になる本の読書ランキングはこちら

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

カテゴリ
サイト内検索
カスタム検索
RSSリンクの表示
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。