スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vol.28 iPhoneとツイッターで会社は儲かる

ーーーーーーーーーー

  • 山本 敏行
  • 発売日 : 2010/02/23
  • 出版社/メーカー : 毎日コミュニケーションズ
  • おすすめ度 : (36 reviews)
    2ちょっとがっかり
    4社内活性化にiPhoneとツイッターを活用
    3iPhoneを買ってTwitterを始めようと思い、読んでみました
    1別の本を読もう
    5Twitter全社導入の全社員アンケートがおもしろい

点数★★★
難度★★★

ーーーーーーーーーー

【要約・エッセンス・あらすじ】(「BOOK」データベースより)

今話題の「アイフォーン(iPhone)」と「ツイッター(Twitter)」を全社導入して注目を浴びた企業「イーシースタジオ(EC studio)」。
その代表である筆者が、この2大ツールに「グーグル・アップス(Google Apps)」を加えた、クラウド・ベースの新しいコミュニケーション、新しいビジネスの形について紹介します。

ーーーーーーーーーー

【目次】(★はおすすめ)

第1章 ツイッターを会社で導入する目的とは
第2章 ツイッターを全社導入して起きたこと
第3章 ツイッターのメリット・デメリット
第4章 アイフォーンとツイッターが会社にもたらすもの
第5章 グーグル・アップスとアイフォーン
第6章 コミュニケーションのクラウド化で会社は儲かる ★
スペシャルインタビュー グーグル 辻野浩一郎社長

ーーーーーーーーーー

【要約・エッセンス】

ツイッターは心の距離が近くなるツールであり、PR目的で導入すると失敗する。
PR効果は結果として生じるオマケである。

社内においてツイッターを全社導入する際に定めたルールは「機密情報についてのつぶやきはしないこと」という一つだけ。
対外的にオープンになるつぶやきがされることもあるが、社内の改善案が公開目安箱として投稿されていると捉える。

ツイッターでのコミュニケーションは電話やチャット、メールなどの既存のコミュニケーションとは異なる。
それによって、社内においても社外においても新たな関係が生まれる。

アイフォーンを社員全員に支給している理由は、社員全員がいつでもどこでもクラウドにつなぐことを容易にするから。
クラウドの波にいち早く気付き、自社を変化対応させることが出来れば、起業競争力が高まって利益を出すことができる。

ーーーーーーーーーー

【レビュー】

タイトルには「iphoneとツイッターで儲かる」と書かれていますが、本書で述べられているのはツイッターを使えば社内・社外のコミュニケーションが活発化してその副次的効果として会社が儲かる、というもの。
具体的な数字は示されておらず、コスト面に関しての言及がされていたのはツイッターについて書かれた箇所というよりも、「テレビ電話の代わりにプレステ3を導入した」という箇所においてでした。

また、ツイッター導入のメリット・デメリットについても述べられていましたが、たとえばブランディングに傷が付く可能性に触れられていないなど考察が甘い印象が強いです。
ツイッター導入の効果として最も強調されていたのがコミュニケーションが向上するというものでしたが、はたしてそれがどの企業においても業績の向上に結びつくのかという疑問は解消されないままでした。

しかし、社内になんらかの制度を導入する際にはそれを徹底して行なうという姿勢を示している点では、なかなかの良書ではないかと思います。
変化にはなんらかの痛みが伴うものですが、その先にあるものを目指したこの本の著者の先見性は見事なものだと感じました。

ーーーーーーーーーー

「iPhoneとツイッターで会社は儲かる」についてさらに詳しく

読書・名著ランキングTOPページはこちら
過去の名著・気になる本の読書ランキングはこちら

スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

vol5. 「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power

ツイッターをビジネスの場面において活かしていくためには

初心者から実際にツイッターマーケティングを真剣に考える人のために。
全体を俯瞰した教科書っぽいな感じかな?

ーーーーーーーーーー


点数★★★
難度★★★

ーーーーーーーーーー

【あらすじ】

■ツイッターを仕事に活用したい方、必読!
本書はアメリカで最も売れているツイッター入門書の翻訳版です。
■本書の特徴
* 著者はアメリカの人気ITコンサルタント、訳者は日本のアルファブロガー
* 登録時の設定方法、フォロワーを増やす秘訣、効果的なつぶやき方を詳しく解説
* アメリカ企業によるビジネスへの活用事例を多数紹介
* 日本におけるツイッター最新情報を約30ページのボリュームで掲載
* 巻末に日本の著名ツイッターアカウント一覧つき

ーーーーーーーーーー

【目次】(★はおすすめ)

序章  ツイッターで何ができるのか?
第1章 ソーシャルメディアによる情報革命
第2章 ツイッターが成功した理由
第3章 ツイッターの正しい始め方
第4章 フォロワーを増やす秘訣 ★
第5章 良いつぶやきを書くための基本ルール
第6章 ツイッターをビジネスに活用する ★
第7章 ツイッターでブランドを構築する
訳者あとがき ★

ーーーーーーーーーー

【要約】

個人が、というよりも企業等がどのようにツイッターをマーケティングの場として使っていくべきかの解説。

序章ではツイッターの大枠の説明を行い、次の一章ではブログ・スポインク・ヤマーを経てツイッターにたどり着くブログソーシャルメディア史の解説。
それ以降は実際のツイッターの使い方の説明となっています。

ツイッターを始めてまず行なうべきなのはプロフィールの充実である。
企業はどのようなブランディングを行なっていくのかを最初に定め、その方針に従ってツイッターを利用していかなくてはならない。

自分のビジネスの種類によってフォロワーの質にこだわるのか量にこだわるのかをきめなくてはいけない。
ニッチな産業であれば質にこだわり、多くの潜在的ユーザーがいる産業の場合は量にこだわる。

フォロワーを増やす7つの方法
1知り合いにあたる
2ブログで宣伝する
3報酬を支払う
4専門知識をいかした回答を行う
5他のソーシャルメディアを活用する
6メールの書名にアカウントを記載する
7コンテストを開く

効果的な発言7パターン
1リンク付き発言
2標準的発言
3オピニオン発言
4任務完了報告発言
5エンタテインメント発言
6質問発言
7写真つき発言

詳細なフィードバックを得る、お得意様を作る、という目的のために完成目前の品をフォロワーに実際に利用してもらうのは効果的なマーケティング手法

訳者あとがきにおいて「みゆ」「OAuth」などのツイッター周りの関連情報

ーーーーーーーーーー

【レビュー】

僕は現在ツイート数1,300・フォロワー800人くらいのユーザーなんですが、この本は自分の中で「なんとなく」分かっていたことをキーワード化して目の前に差出してくれる本。
ただ、それほど目新しいことが書いているわけではないので、この評価となりました。

ですが、途中で紹介されている事例や最後に記載されている関連サービスで知らないものもいくつもありました。
また、ツイッターを取り巻く環境は日々変わってきていると感じます。

そこで、「ツイッター」というものに関して一度まとめておきたい、という方にとってはなかなかの良書であると感じました。
ただ、この本は2009年2月にアメリカで発売されたものなので、すでに色々と環境が変化していることを前提として読むことが必要です。

ITという場においてどんどんと新しい動きが巻き起こっていることに興奮と若干の恐怖を感じます。
10年前にはyoutubeもfacebookもtwitterも存在していなかった。
はたして10年後の僕たちはどこに向かっているのか。

ーーーーーーーーーー

「「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power」についてさらに詳しく


読書・名著ランキングTOPページはこちら
過去の名著・気になる本の読書ランキングはこちら



テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

カテゴリ
サイト内検索
カスタム検索
RSSリンクの表示
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。