スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vol.12 思考の整理学

「東大・京大で1番読まれた本」という触れ書き。

発行部数100万部突破、名著の呼び声高い「思考」についての思考を行なう本。

ーーーーーーーーーー

  • 外山 滋比古
  • 発売日 : 1986/04/24
  • 出版社/メーカー : 筑摩書房
  • おすすめ度 : (131 reviews)
    4高校生/大学生の境目に
    3あまり記憶に残っていない。
    5坂田三吉 端歩をついた
    4創造的な思考方法
    4名著故に現代向けにアップデイトされていないのがもの凄く残念


点数★★★
難度★★★

ーーーーーーーーーー

【あらすじ】(「BOOK」データベースより)

アイディアが軽やかに離陸し、思考がのびのびと大空を駆けるには?
自らの体験に則し、独自の思考のエッセンスを明快に開陳する、恰好の入門書。

ーーーーーーーーーー

【目次】(★はおすすめ)


Ⅱ ★
Ⅲ ★




ーーーーーーーーーー

【要約・エッセンス】

思考する上で大切なこと
・異分野の要素を組み入れていく
・ずっとかかりきりになるのではなく時間をおく
・他の意見を批判するのではなく、良い部分を肯定して足しあわせていく

「見つめるナベは煮えない」
 └時間を置く必要
 └セレンディピティの発見

知識・情報は三段階に区分される
一次 個別の情報(ニュースなど)
二次 一次情報をもとに整理したもの(要約など)
三次 二次情報をもとに抽象化などの人為的作業をさらに加えたもの(論文など)

思考はメモに取り、読み返した際に有望なものは別のノートに書き写して「文脈」を変えてやる

思考のインブリーディング(近親交配)を避ける。

ーーーーーーーーーー

【レビュー】

ノウハウを伝えるためというよりも、エッセイ色の方が強い本書。
もちろん学ぶべき点はあるのですが、重複する部分もあり、それほど目新しい部分や根源たる部分を感じることは出来ませんでした。

ただ、知識のインプット・アウトプットだけでなく、「忘れる」という3つめの要素を強く意識する必要を感じられたのは良かった。
思考や情報を頭の中でコントロールし、最適な場所への配置を心がける。

ーーーーーーーーーー

「思考の整理学」についてさらに詳しく


読書・名著ランキングTOPページはこちら
過去の名著・気になる本の読書ランキングはこちら

スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

思考の整理学

外山滋外古氏の「思考の整理学」(ちくま書房)。初版が1986年なので、これもまた超ロングセラーである。面白いことに、この本、過去に何度かブームがあり、累計100万部をとうに超えているようだ。最近では昨年来からブームとなっており、一気に売上部数が伸びたらしいが

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
サイト内検索
カスタム検索
RSSリンクの表示
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。