スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vol.26 成功者の絶対法則 セレンディピティ

ふとしたきっかけで生まれるセレンディピティ。

日常に潜む成功への可能性。

ーーーーーーーーーー

  • 宮永 博史
  • 発売日 : 2006/09
  • 出版社/メーカー : 祥伝社
  • おすすめ度 : (16 reviews)
    4偶然に幸運を引き寄せるための日頃の行い
    4文字通り、セレンディピティにフォーカスし、事例を多く用い解説している作品
    5とても良い本です。
    1成功事例をさかのぼればすべてのことが肯定できる可能性がある
    4読みやすくヒントは得られるが体系化までは至っていない

点数★★★
難度★★★

ーーーーーーーーーー

【要約・エッセンス・あらすじ】(amazon 内容紹介より抜粋)

日本では、コツコツと真面目に働くことを是とする一方で、偶然の発見や出会いを「棚からぼた餅」と軽んずる傾向がある。
しかし、実際には、偶然の幸運を呼び込むためには地道な努力が必要なのである。

偶然の幸運に出会う能力=「セレンディピティ」を豊富な事例に基づいてわかりやすく解説した本書は、日本人の働き方、考え方を根底から変えるさまざまなヒントに溢れている。
目からウロコの革新には、偶然を巻き込むノウハウが必要。
本書を通してセレンディピティが成り立つ仕組みを理解することで、あなたの脳の使い方は大きく変わることだろう。

ーーーーーーーーーー

【目次】(★はおすすめ)

はじめに
一章 「セレンディピティ」って何だろう?
二章 誰にも訪れる「セレンディピティ」
三章 「無関係なもの」を関連づけてみる ★
四章 「素人発想」プラス「玄人実行」が有効 ★
五章 「想定外」を考えておくことの重要性 ★
六章 「偶然のひらめき」が生まれる瞬間
七章 「論理的思考」とセレンディピティ
八章 セレンディピティが訪れる組織

ーーーーーーーーーー

【要約・エッセンス】

セレンディピティとは「偶然をとらえて幸運に変える力」のこと。
セレンディピティの存在に気づくためには常に自分の感度を高めていなければならない。

セレンディピティを遠ざけてしまうものとして、逆接的だが「玄人発想」がある。
セレンディピティをものにし、成功をおさめるためには、「素人のように発送する」ことと「玄人として実行する」という二つの条件が成立する必要がある。

過去の変革成功チームは新たな革新者になりにくい。
どんなに優秀なチームでも、自らの成功を一度否定し、新たな変革を遂行していくことは極めて困難。

セレンディピティに気づくためには、動きまわること、幅広い知識を体系化して蓄えることが鍵となる。

「異分野のプロ」が集まる環境でこそセレンディピティは生まれる。

論理的に考えるだけではブレークスルー(突破口)は訪れない。
「漏れなくダブリなく」際に、全体の枠をどれだけ広く捉えられるかが重要。

「顧客の立場になって考えなさい」と言うが、製品開発において、「開発対象物の気持ちになって開発する」とよいものができる。

ーーーーーーーーーー

【レビュー】

セレンディピティによって生まれた商品や技術の事例紹介を通して、それがいかに有用であり大きなインパクトを持ちうるものかというこの本。

大切なのは失敗を単なる失敗として終えるのではなく、そこに潜む可能性を見つけるための「視力」を向上させること。
そして、信じた道を突き進むこと。

「起業は目的じゃなくて手段だよ」なんて言葉をよく聞くけれども、個人的にはそれを踏まえた上でなら起業を目的化してもかまわないと考えています。
なぜなら、そうやって常に「起業」というものを念頭に置いていかなければセレンディピティに気づくことは不可能だと感じるからであり、この本を読んでその考えを新たにしました。

大切なのは状況に応じた柔軟な発想力と常に戦闘態勢であるということ。

ーーーーーーーーーー

「成功者の絶対法則 セレンディピティ」についてさらに詳しく

読書・名著ランキングTOPページはこちら
過去の名著・気になる本の読書ランキングはこちら


スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
サイト内検索
カスタム検索
RSSリンクの表示
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。