スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vol.30 告白

映画化もされ話題になった本著。

ある少女の死から始まる幾人かの物語。

ーーーーーーーーーー

  • 湊 かなえ
  • 発売日 : 2010/04/08
  • 出版社/メーカー : 双葉社
  • おすすめ度 : (519 reviews)
    5表現に文句をつけるのは
    3良くも悪くも
    4個人的には良い作品と思えた。けど……
    3少しくどい。でも、面白かった!
    3いいと思います

点数★★★
難度★★★

ーーーーーーーーーー

【要約・エッセンス・あらすじ】(「BOOK」データベースより)

「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」

我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、この物語は始まる。
語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に事件の全体像が浮き彫りにされていく。

衝撃的なラストを巡り物議を醸した、デビュー作にして、第6回本屋大賞受賞のベストセラーが遂に文庫化


ーーーーーーーーーー

【目次】(★はおすすめ)

第一章 聖職者 ★
第二章 殉教者
第三章 慈愛者 ★
第四章 求道者
第五章 信奉者
第六章 伝道者 ★

ーーーーーーーーーー

【レビュー】

この本は、愛に溢れた本だ。

確かに、人が殺し殺される。
だけど、この本の根底にあるのは愛だ。

愛は強い感情であるゆえに、それが形を変えたとしてもその熱量は残る。
そして愛が身体から奪い去られたとき、それは命からも熱を奪っていく。

人を殺すのはピストルやナイフじゃなく。人でしかない。
でもひょっとしたら、それは人ですらないのかも。

ーーーーーーーーーー

「告白」についてさらに詳しく

読書・名著ランキングTOPページはこちら
過去の名著・気になる本の読書ランキングはこちら

スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
サイト内検索
カスタム検索
RSSリンクの表示
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。