スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vol.35 デザイン思考が世界を変える―イノベーションを導く新しい考え方

人々が気づいていないニーズを探り出し、飛躍的な発想で生活を豊かにする「デザイン思考」

世界屈指のデザインファームIDEOの社長兼CEOがついに語ったその秘訣とは。

ーーーーーーーーーー
  • ティム ブラウン, Tim Brown, 千葉 敏生
  • 発売日 : 2010/04
  • 出版社/メーカー : 早川書房
  • おすすめ度 : (4 reviews)
    1人間中心の思考
    4イノベーションサイクルのためのエッセンス
    4「クールビズ」 もデザイン思考の成果
    5経験からくる観測眼
点数★★★★
難度★★★

ーーーーーーーーーー

【要約・エッセンス・あらすじ】(「BOOK」データベースより)

人々が気づいていないニーズを探り出し、飛躍的な発想で生活を豊かにする―それが「デザイン思考」だ。
これを研究・開発部門だけでなく全社的に浸透させれば、組織は持続的にイノベーションを生み出すことができる。

その推進役として名を馳せているのが、これまでアップルのマウスなど画期的なプロダクトを手掛けてきたデザイン・ファームIDEO。
いまやイノベーションの代名詞となっている同社のCEOみずから、現代におけるデザインとイノベーションの必要性を熱く語り、組織を蘇らせる方法を明かす。

ーーーーーーーーーー

【目次】(★はおすすめ)

パート1 デザイン思考とは何か?
第1章  デザイン思考を知る──デザイン思考はスタイルの問題ではない ★
第2章  ニーズを需要に変える──人間を最優先に ★
第3章  メンタル・マトリクス──「この人たちにはプロセスというものがまるでない!」 ★
第4章  作って考える──プロトタイプ製作のパワー ★
第5章  初心にかえる──経験のデザイン
第6章  メッセージを広げる──物語の重要性
パート2 これからどこへ向かうのか
第7章  デザイン思考が企業に出会うとき──釣りを教える
第8章  新しい社会契約──ひとつの世界に生きる
第9章  デザイン・アクティヴィズム──グローバルな可能性を秘めたソリューションを導き出す
第10章 いま、未来をデザインする ★

ーーーーーーーーーー

【要約・エッセンス】

デザイン思考は、消費者、テクノロジー、ビジネスの視点のバランスを取る統合的なアプローチだ。
デザイン思考家は物事の機械的な性能だけでなく感情的な価値をも考慮に入れ、人々の隠れたニーズを把握し機会へと置き換える。

イノベーションは以下の3つの空間に分けることが出来る。
・着想(インスピレーション)  :ソリューションを探るきっかけになる問題や機会
・発案(アイディエーション)  :アイデアを創造、構築、検証するプロセス
・実現(インプレメンテーション):アイデアをプロジェクトルームから市場へと導く工程

相反するさまざまな制約を受け入れることがデザイン思考の基本であり、重要な制約は以下の3つである。
・技術的実現性:技術的に実現できるかどうか
・経済的実現性:持続可能なビジネス・モデルの一分になるかどうか
・有用性     :人々にとって合理的で役立つかどうか
デザイン思考家はこれらを全て解決するのではなく、バランスを取ろうとする。

飛躍的な発送を生み出す3つの手段
・洞察:他者の生活から学び取る
・観察:人々のしないことに目を向け、言わないことに耳を傾ける
・共感:他人の身になる

デザイン思考とは「収束的思考」「発散的思考」「分析」「綜合」という4つのプロセスを意識することに等しい。

ビジネスは「消費者のために創る」から「消費者とともに創る」、そして「消費者自身が創る」と変化してきた。

極端な利用者に眼を向けることによって、もっとも魅力的な発想を得られる場合が多い。

ーーーーーーーーーー

【レビュー】

モノではなく人を中心に置き、名詞ではなく動詞を創りだす「デザイン思考」。
(「電話」ではなく「電話をかける」をデザインする)

人がモノを購入するのは「いい商品があるから」ではなく「ストーリーがあるから」。
その物語を紡ぐのがデザイナーであり、その思考はモノが溢れる今日の世界では非常に重要なものとなっている。

また、本書では発展途上国支援におけるデザイン思考の役割も指摘されている。
論旨の繰り返しが少々冗長に感じられた場面もあったが、デザイン思考をを体験する上で役に立つ良著。

ーーーーーーーーーー

「デザイン思考が世界を変える―イノベーションを導く新しい考え方」についてさらに詳しく

読書・名著ランキングTOPページはこちら
過去の名著・気になる本の読書ランキングはこちら

スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
サイト内検索
カスタム検索
RSSリンクの表示
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。