スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vol.37 人生を変えたければ「休活」をしよう!

世の中に「休活」という言葉を生み出した著者が語る休活の極意。

ーーーーーーーーーー

  • 大田正文
  • 発売日 : 2010/04/16
  • 出版社/メーカー : サンマーク出版
  • おすすめ度 : (32 reviews)
    3社交的な人向け?
    4「休活」のカギは、早起きにあり?
    1真新しいことは何もない
    4365日のうち約3分の1は休日
    5ダラダラしてしまいがちな人に、さわやかな喝が入ります
点数★★
難度★★

ーーーーーーーーーー

【要約・エッセンス・あらすじ】(「BOOK」データベースより)

「友人ゼロ」「会社と自宅の往復生活」の会社員が、たった3年で「1000人以上の人脈」を築き、「5つの勉強会と交流会」を主宰するまでに変身を遂げた休日活用術。

ーーーーーーーーーー

【目次】(★はおすすめ)

プロローグ 休日を制するものは、人生を制する
1章 肩書きなしでも勝負できる自分をつくる
2章 休日に「時間」をつくる
3章 休日に「人脈」と「信用」をつくる
4章 休日に「経験」をつくる
5章 休日に「健康」と「家族の絆」をつくる
エピローグ 70歳・資産70億円のおばあさんに「あなたはいいわね」

ーーーーーーーーーー

【要約・エッセンス】

仮に22歳から60歳まで働くとするとあなたの休日はじつに13年もある。
これだけの時間があれば自分自身と人生を変えられる。

休活の最初のポイントは本当に好きなことができる「第3の場所」をもつこと。
それにより人生の基盤が安定し、可能性も増える。

「思考」から「行動」に移せる人と、「行動」を「半年間継続できる」のはそれぞれ20%ずつ。
つまり、「思考」→「行動」→「半年間継続」ができれば上位4%に入れる。

要素を2つ以上掛け合わせることで自分だけのオリジナリティが生まれる。

20代は可能な限り経験を増やして引き出しの数を増やす期間。
30代は極めるものを選択して集中する期間。
40代は極めたものを「実際の成果」につなげる期間。

人生を終わりから考えて、休活の時間で何を実現すべきか考えることが大切。

ーーーーーーーーーー

【レビュー】

息抜きに読んでみた本なんですが、論旨に若干矛盾を感じました。

まず筆者は「休活」として自分の好きなことを休日に行なうことを勧めますが、それになんらかの独自性・人とのつながりを持たせることを勧めています。
ですが、そういったつながりを苦痛に感じる人もいるのではないでしょうか。

また、休活の話であるにもかかわらず事例の一つとして年間365日の内360日ディズニーランドを訪れた女性を紹介しています。
一つの事例に集中することの重要さを説こうとしていたんだと思うんですが、分断された時間の継続である「休活」の話題とはずれを感じました。

著者は自分の休活方法として勉強会や交流会への参加を上げているんですが、結局「それらを通して人脈を作りましょう」という話に終始してしまった感があります。
amazonレビューが高く期待していただけに少し残念な一冊でした。

ーーーーーーーーーー

「人生を変えたければ「休活」をしよう!」についてさらに詳し

読書・名著ランキングTOPページはこちら
過去の名著・気になる本の読書ランキングはこちら

スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
サイト内検索
カスタム検索
RSSリンクの表示
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。