スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vol.38 ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

全米250万部の大ベストセラーになったが,貿易摩擦再燃を危惧して長らく日本語訳が許可されなかったといういわく付きの名著

工場の業務改善プロセスから学ぶ全体最適化の手法。

ーーーーーーーーーー

点数★★★★
難度★★★

ーーーーーーーーーー

【要約・エッセンス・あらすじ】(amazon 土井英司氏による商品紹介より抜粋)

機械メーカーの工場長である主人公のアレックス・ロゴを中心に繰り広げられる工場の業務改善プロセスを主題にした小説。
通常、アメリカでベストセラーとなったビジネス書は、すぐに日本語に翻訳されるものだが、本書は世界で250万部売れたにもかかわらず、17年もの間日本での出版だけが認められなかった。
いわば「幻の名著」である。

本書が長い間日本で出版されなかった理由については、「解説」で著者エリヤフ・ゴールドラットのコメントが引用されている。
それによると、「日本人は、部分最適の改善にかけては世界で超一級だ。その日本人に『ザ・ゴール』に書いたような全体最適化の手法を教えてしまったら、貿易摩擦が再燃して世界経済が大混乱に陥る」というのが出版を拒否し続けた理由らしい。

本気か冗談か知らないが、いずれにしろ、アメリカが出し惜しみするほどの名著を日本語でも読めるというのは非常に喜ばしいことである。

ーーーーーーーーーー

【目次】(★はおすすめ)

Ⅰ 突然の閉鎖通告
Ⅱ 恩師との邂逅
Ⅲ 亀裂
Ⅳ ハイキング
Ⅴ ハービーを探せ ★
Ⅵ つかの間の祝杯 ★
Ⅶ 報告書 ★
Ⅷ 新たな尺度 ★

ーーーーーーーーーー

【要約・エッセンス】

企業の目的とは純利益、投資収益率、キャッシュフロー、この3つを同時に増やすことによってお金を儲けること。

お金を儲けるという目標を表し、かつ工場を動かすための作業ルールの設定を可能にする3つの指標
・スループット:販売を通じてお金を作り出す割合
・在庫     :販売しようとするモノを購入するために投資した全てのお金
・作業経費  :在庫をスループットに変えるために費やすお金

ボトルネックとはその処理能力が与えられている仕事量と同じか、それ以下のリソースのこと。
非ボトルネックとは与えられている仕事量よりも処理能力が大きいリソースのこと。
工場の本当の生産能力を決定するのはボトルネック

工場内の全てのリソースの能力を個別に最大化してはいけない。
リソースが個別に最大化されているシステムは非常に非効率的である。

マネージャーに求められるのは
「何を変える」
「何に変える」
「どうやって変える」
という3つの質問に答えられる能力。

ーーーーーーーーーー

【レビュー】

この中で描かれているのは工場における生産プロセスの改善理論(TOC)でありますが、問題設定の手法、全体最適化と個別最適化の関係など様々な業務に応用可能なもの。
気づいてみれば当たり前のことではあるけれども、それを業務改善手法として一般理論化した本著はさすがの名著。

いわゆるアメリカンドリーム的な小説形式を取ったことには賛否両論あるのかもしれませんが、個人的には「アリ」でした。
続編も複数出ているので、それらが楽しみになる一冊。

ーーーーーーーーーー

「ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か」についてさらに詳しく

読書・名著ランキングTOPページはこちら
過去の名著・気になる本の読書ランキングはこちら

スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
サイト内検索
カスタム検索
RSSリンクの表示
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。