スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vol.44 渋谷ではたらく社長の告白

サイバーエージェントの代表取締役社長が語る自らの半生。

成功の裏に潜む苦悩とは

ーーーーーーーーーー

点数★★★
難度★★★

ーーーーーーーーーー

【要約・エッセンス・あらすじ】(本書裏表紙より)

二十一世紀を代表する会社を作りたい――。

高校生の時に抱いた起業の夢は、サイバーエージェントの設立により実現した。
しかし、社長になった彼を待っていたのは、厳しい現実だった。

ITバブルの崩壊、買収の危機、社内外からの激しい突き上げ……。
孤独と絶望、そして成功のすべてを赤裸々の告白したノンフィクション。

夢を追う人必読の書。

ーーーーーーーーーー

【目次】(★はおすすめ)

プロローグ
一章 裏切り、それでも手放せなかった夢
二章 ゼロからの起業
三章 ネットバブルの波に乗る
四章 バブル崩壊、孤独と彷徨
五章 ランナーズ・ハイ
あとがき

ーーーーーーーーーー

【要約・エッセンス】

サボろうと思えばいくらでもサボれました。
でも仕事を始めたばかりでへこたれてなんかいたら、到底経営者になんてなれない。

当時の私は、自分は頑張っているという感覚すらありませんでした。
それほど夢中になって仕事にハマっていたのです。

「父親と同じ仕事人間じゃないか」
そんな風に言われたことがあります。
しかし私は、自分の将来に対する先行投資だと考えていました。

「前進あるのみ」
もうそれ以外のことへの興味はなくなりました。

採用力は競争力だ。

プライドを傷付けられようが、理不尽なことを言われようが、謙虚に、忍耐強く、何があっても絶対にキレないこと。

ーーーーーーーーーー

【レビュー】

数年前に読んだ本でしたが、藤田晋氏、そしてサイバーエージェントという企業に興味を持ったため再読。

はじめてこの本を読んだ時には「なんて計画性のない人なんだ」と感じ、正直、尊敬することはできませんでした。
ですが、改めて読んで感じたのは藤田氏は「やり遂げている」ということ。

「ネットバブルに上手く乗っただけ」という批判をする人もいるようですが、その流れに乗ることが難しいことは当時のIT企業が死屍累々となっていることからも分かります。
客観的な意見を述べることは簡単ですが、それはあくまで「客」の意見であり苦難を正面から受け止め続けている実行者の意見ではありません。

実行こそに価値があるということ。
周りの意見に屈して信念を曲げることなくやり遂げることの尊さ。

ーーーーーーーーーー

渋谷ではたらく社長の告白 についてさらに詳しく

読書・名著ランキングTOPページはこちら
過去の名著・気になる本の読書ランキングはこちら

スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
サイト内検索
カスタム検索
RSSリンクの表示
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。