スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vol4. 後世への最大遺物・デンマルク国の話

はたして、我々は後世になにを遺すことができるのか。

この問題に対して正面から取り組んだ名著。

ーーーーーーーーーー

  • 内村 鑑三
  • 発売日 : 1976/01
  • 出版社/メーカー : 岩波書店
  • おすすめ度 : (15 reviews)
    4結果としての社会的価値のススメ
    5「デンマルク国の話」が凄い
    4本書を読めば書物もメンターになりうるということが理解できるかもしれない
    5日本人一人一人は、そして日本と言う国はこれからいかに生きるべきか
    5ただよく生きることに大きな価値がある

点数★★★★
難度★★★

ーーーーーーーーーー

【あらすじ】(解説 鈴木俊郎)

普通の人間にとって実践可能な人生の真の生き方とは何か.我々は後世に何を遺してゆけるのか.明治二十七年の夏期学校における講演『後世への最大遺物』は,人生最大のこの根本問題について熱っぽく語りかける,「何人にも遺し得る最大遺物――それは高尚なる生涯である」と.『デンマルク国の話』を併収


ーーーーーーーーーー

【目次】(★はおすすめ)

第一回 ★
第二回 ★
デンマルク国の話

ーーーーーーーーーー

【要約】

我々は後世に対して何を遺すことができるのであろうか?

まず第一に「金」である。
富と言うものを一つにまとめてそれを後世の人が実用に用いることができるように貯めていくという希望があるのならば、金を遺すことは素晴らしいことだ。
しかし金を貯める力と使う力は別のものである故に、危険もはらんでいる。

第二に「事業」である。
金を生み出す才能がない人であっても、事業を遺すことによって間接的にではあっても金を遺すことができる。
その典型的な例は土木事業であり、一つの土木事業を遺すことは、永遠の喜びと富を後世に遺すものである。

第三に「思想」である
もし世の中において自分が実行できないとしても、その精神を遺すことによって誰かに後を継いでもらうことができる。
たとえばジョン・ロックの人間知性論をきっかけにして2800万人の国民が決起し、フランス革命が起こった。

しかし、上記3つは誰にでも行えるものではない、一長一短である、という2つの点から後世のための最大遺物ではない。
誰にでも行え、また、利益ばかりあって害のない最大遺物とは「勇ましい高尚なる生涯」である。

事業ではなく生涯を遺すことによって、誰しもが誰かを動かすことができる。
われわれをして世の中になにも遺すことがなかったとしても、真面目なる生涯を送ったということを後世の人に残したい。

ーーーーーーーーーー

【レビュー】

各個人が「勇ましい高尚なる生涯を送る」ことこそが後世に対する最大遺物であるという結論。
これはもちろんそれ自体が目的になるということではなく、それが結果として上記の「金・事業・思想」を遺すことにつながっていくという。
「自分で自分に胸を張り続ける」ってのを目標に置いている自分としては共感出来る部分も多かった。

ここで言われる「生涯」を送ることによって、社会的価値なんてもんは結果的に生まれる。
たとえば社会起業とかそんな言葉が一人歩きしている印象を受けるんだけど、まずは人生に対して真摯に取り組むことこそが大事なんじゃないか。

成果を追い求めすぎた結果、そこには生じるのは空虚なもの。
もちろんこれは結果軽視なんていう話ではなく、そこにいかに熱量をかけて達成したのかが大事だってこと。

ーーーーーーーーーー

「後世への最大遺物・デンマルク国の話」についてさらに詳しく

読書・名著ランキングTOPページはこちら
過去の名著・気になる本の読書ランキングはこちら



スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
サイト内検索
カスタム検索
RSSリンクの表示
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。