スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vol5. 「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power

ツイッターをビジネスの場面において活かしていくためには

初心者から実際にツイッターマーケティングを真剣に考える人のために。
全体を俯瞰した教科書っぽいな感じかな?

ーーーーーーーーーー


点数★★★
難度★★★

ーーーーーーーーーー

【あらすじ】

■ツイッターを仕事に活用したい方、必読!
本書はアメリカで最も売れているツイッター入門書の翻訳版です。
■本書の特徴
* 著者はアメリカの人気ITコンサルタント、訳者は日本のアルファブロガー
* 登録時の設定方法、フォロワーを増やす秘訣、効果的なつぶやき方を詳しく解説
* アメリカ企業によるビジネスへの活用事例を多数紹介
* 日本におけるツイッター最新情報を約30ページのボリュームで掲載
* 巻末に日本の著名ツイッターアカウント一覧つき

ーーーーーーーーーー

【目次】(★はおすすめ)

序章  ツイッターで何ができるのか?
第1章 ソーシャルメディアによる情報革命
第2章 ツイッターが成功した理由
第3章 ツイッターの正しい始め方
第4章 フォロワーを増やす秘訣 ★
第5章 良いつぶやきを書くための基本ルール
第6章 ツイッターをビジネスに活用する ★
第7章 ツイッターでブランドを構築する
訳者あとがき ★

ーーーーーーーーーー

【要約】

個人が、というよりも企業等がどのようにツイッターをマーケティングの場として使っていくべきかの解説。

序章ではツイッターの大枠の説明を行い、次の一章ではブログ・スポインク・ヤマーを経てツイッターにたどり着くブログソーシャルメディア史の解説。
それ以降は実際のツイッターの使い方の説明となっています。

ツイッターを始めてまず行なうべきなのはプロフィールの充実である。
企業はどのようなブランディングを行なっていくのかを最初に定め、その方針に従ってツイッターを利用していかなくてはならない。

自分のビジネスの種類によってフォロワーの質にこだわるのか量にこだわるのかをきめなくてはいけない。
ニッチな産業であれば質にこだわり、多くの潜在的ユーザーがいる産業の場合は量にこだわる。

フォロワーを増やす7つの方法
1知り合いにあたる
2ブログで宣伝する
3報酬を支払う
4専門知識をいかした回答を行う
5他のソーシャルメディアを活用する
6メールの書名にアカウントを記載する
7コンテストを開く

効果的な発言7パターン
1リンク付き発言
2標準的発言
3オピニオン発言
4任務完了報告発言
5エンタテインメント発言
6質問発言
7写真つき発言

詳細なフィードバックを得る、お得意様を作る、という目的のために完成目前の品をフォロワーに実際に利用してもらうのは効果的なマーケティング手法

訳者あとがきにおいて「みゆ」「OAuth」などのツイッター周りの関連情報

ーーーーーーーーーー

【レビュー】

僕は現在ツイート数1,300・フォロワー800人くらいのユーザーなんですが、この本は自分の中で「なんとなく」分かっていたことをキーワード化して目の前に差出してくれる本。
ただ、それほど目新しいことが書いているわけではないので、この評価となりました。

ですが、途中で紹介されている事例や最後に記載されている関連サービスで知らないものもいくつもありました。
また、ツイッターを取り巻く環境は日々変わってきていると感じます。

そこで、「ツイッター」というものに関して一度まとめておきたい、という方にとってはなかなかの良書であると感じました。
ただ、この本は2009年2月にアメリカで発売されたものなので、すでに色々と環境が変化していることを前提として読むことが必要です。

ITという場においてどんどんと新しい動きが巻き起こっていることに興奮と若干の恐怖を感じます。
10年前にはyoutubeもfacebookもtwitterも存在していなかった。
はたして10年後の僕たちはどこに向かっているのか。

ーーーーーーーーーー

「「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power」についてさらに詳しく


読書・名著ランキングTOPページはこちら
過去の名著・気になる本の読書ランキングはこちら



スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。
まさにツイッターからお邪魔しました。
日々、活字を消化するかのような読書を続けていたので、
悠哉さんのブログは新鮮。
これからも寄らせて頂きますので、
どうぞよろしく。

Re: No title

はじめまして。
真摯に読書に取り組んでいこうと努力しているつもりなので、そういう風に言っていただけると嬉しいです。

これからも質と量にこだわってブログを更新し続けていきたいと考えていますので、今後ともよろしくお願いします。
カテゴリ
サイト内検索
カスタム検索
RSSリンクの表示
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。